ブックレビュー

『世界のエリートがやっている最高の休息法』の書評 | 脳疲労を癒やそう

<スポンサードリンク>

 

最近休んでも疲れがとれない。脳がぼうっとして働いていない気がする『世界のエリートがやっている最高の休息法』って実際どんな効果があるの?

 

この記事ではこうした疑問にお答えします。

 

休んでいるのに疲れがとれない人は、脳の休め方に問題があります。

 

世界のエリートがやっている最高の休息法』に書かれている内容を実践すれば脳を休めて最高のパフォーマンスが発揮できます。

 

いつも頭がぼうっとしてしまう人には、脳の休息が必要です。

 

世界のエリートがやっている最高の休息法』を読めば脳の休め方がわかるので、ぜひ書評を参考にしてみてください。

 

自分が『世界のエリートがやっている最高の休息法』を読もうと思った理由

僕がこの本を読もうと思ったのは、休んでも疲れがとれず慢性疲労が続いていたからです。

 

日中も頭が回らず、脳が疲れているのではと思い脳疲労について学んでみることにしました。

 

僕の場合、脳が疲れていたため

参考

  • 人の話が頭に入ってこない
  • 文章を読んでも頭に入ってこない
  • 記憶力が落ちている
  • 凡ミスが多くなっている
  • 頭の回転が遅い

などの現象が現われ、仕事にも支障をきたしていたため、このままでは仕事にならんと思い脳を休める方法を学ことにしました。

 

いつも脳に霧がかかっているような状態で仕事をしていたので、きっと脳は休めていなかったんでしょう。

 

著者のプロフィール

久賀谷 亮

医師(日・米医師免許)・医学博士。

イェール大学医学部精神神経科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療物療法を取り入れた診療を展開中。臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。

引用:『ロスの精神科医が教える科学的に正しい疲労回復最強の教科書』

 

 

『世界のエリートがやっている最高の休息法』の概要

 

脳の休息法として、マインドフルネスのやり方をストーリー形式で紹介しています。

 

僕たちの脳はぼんやりしているときでも働き続けていて、脳のエネルギーの60~80%を占めることがわかってきました。

 

たとえばソファに寝転がってぼんやりしているときでも、脳は常に働き続けていて休んでいない状態なのです。

 

休むことなく働き続けようとする脳を休ませるための方法が、マインドフルネスです。

<スポンサードリンク>

 

世界のエリートがやっている最高の休息法』はマインドフルネスのやり方を学べます。

 

マインドフルネスを実践することで、過去や未来に飛んでいた意識が今現在に集中していきます。

 

実際にストーリー形式で疲れ切ってパニック障害を起こした主人公が、マインドフルネスを通して脳を休める方法を学んでいきます。

 

脳が疲れていて、まだマインドフルネスを実践したことがない人には気づきが多い内容です。

 

『世界のエリートがやっている最高の休息法』を読んでどのように行動がかわったか

 

脳が過去や未来に意識が飛ぶことなく、目の前のことに集中できるようになりました。

 

なぜなら定期的にマインドフルネスをやることで、意識を今この瞬間に集中させる訓練になるからです。

 

僕は典型的に今目の前のことに集中できていない人間でした。

 

たとえば以下のようなことは頻繁に起きていました。

 

参考

  • 食事をしながら別のことを考えている
  • 人の話を聞きながら別のことを考えている
  • テレビを見ながら別のことを考えている
  • 本を読みながら別のことを考えている
  • 車を運転しながら別のことを考えている

 

など数え上げればきりがありませんが、過去や未来に意識が引っ張られて現実の目の前のことに全く集中できていませんでした。

 

こんな状態でしたから、脳は疲れ切り心はボロボロの状態になっていました。

 

マインドフルネスを実践すると、少しずつ今ここに集中できるようになり、脳が休める状態になってきました。

 

脳にいつも霧がかかっていたような状態でしたけど、すっと霧が晴れていくような感覚です。

 

『世界のエリートがやっている最高の休息法』はどんな人にオススメか

 

脳が疲れていて、休んでも疲れがとれない人にオススメです。

 

なぜならマインドフルネスの休息法を実践すると脳の疲れを癒やしストレスからも解放される効果が期待できるからです。

 

僕も限界まで脳が疲れていて、休んでも休んでも疲れはとれなかったけどもマインドフルネスを実践することで脳を休ませることができています。

 

脳を休ませる方法をしらないと、60~80%のエネルギーを無駄遣いしていることになります。

 

脳を休ませる方法を学べば、脳が持つ潜在能力をフルに使いこなせるようになるのです。

 

脳が本来持っている力を発揮させるためにも、毎日マインドフルネスを実践するのがオススメです。

 

そのための方法が『世界のエリートがやっている最高の休息法』に紹介されています。

 

この本を読んでどんな課題が解決できそうか

 

この本を読めば、脳の疲れやストレスなどの課題を解決することができるようになります。

 

なぜなら脳が自動的に働き続けるのを休ませるのが、マインドフルネスだからです。

 

僕はいつも過去や未来に意識が引っ張られて、ストレスまみれの状態でした。

 

  • 過去の出来事の後悔
  • 未来への不安

 

などが頭の中を駆け巡り、今この瞬間に全く集中できず、勝手にストレスを感じていました。

 

こうした過去や未来へ意識が引っ張られることがストレスにつながり、脳が休めない状態になります。

 

マインドフルネスを正しく実践すれば、こうした脳の疲れやストレスから解放されます。

 

created by Rinker
¥1,336 (2024/04/19 09:02:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

脳はぼんやりしているときも働き続け、60~80%のエネルギーを使っている

 

マインドフルネスとは脳の休息法のこと

 

過去や未来に引っ張られることなく、今この瞬間に集中すると脳の疲れやストレスから解放される

 

<スポンサードリンク>

-ブックレビュー