ブログ

文章を書くのが遅い人が知っておきたい文章術【文章を書くコツをご紹介】

<スポンサードリンク>

 

文章を書くのが遅くて昔から苦手。文章をすらすら書けるようになりたいけど文章を書くコツを教えてほしい?

 

この記事ではこうした疑問にお応えします。

 

この記事に書いている「文章を書くのが遅い人が知っておくべき文章術」を試してみると、驚くほど速く文章を書けるようになります。

実際に文章を書くのが苦手で遅かった僕が試してみて効果のあった方法なので、おすすめです。

 

文章を書くのが苦手な人が克服できるように、誰でもできる文章を書くコツを紹介しています。

 

そんなに難しい文章術なんかは紹介してないので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

文章を書くのが遅い人が知っておきたい文章術

 

書くことと編集は分ける

 

文章を書くのが遅い人は、文章を書くことと編集の作業を同時にやっているのが原因です。

 

なぜなら書きながら、やっぱりこの文章は良くないという編集を同時並行でやっているので文章を書くのが遅いのです。

 

 

アクセルとブレーキを同時に踏んでいるようなものです。

 

 

文章を書くのが遅い人はまずは書く作業と編集する作業を分けることで文章を書けるようになります。

ブレーキを踏んでいる足を離してみると、車は進み始めるのと同じようなものです。

 

 

具体的な手順は以下のとおりです。

step
1
書きたいテーマを決める

step
2
頭に浮かんだことを描き続ける

step
3
誤字脱字は気にしない。編集もしない

step
4
文章を全て書き終わってから編集する

 

 

こうして書く作業と編集する作業を分けることで、文章が遅い人でもどんどん文章が書けるようになります。

いったん頭の中に思い浮かんだことを、文章に落としてみてその後に編集を加えます。

 

 

そうすれば書く作業と編集作業を分けることができるので、文章が書くのが遅いということはなくなります。

 

 

頭に思い浮かんだ言葉を書いていけばいいだけなので、楽ちんです。

最後の編集で適切な文章に変えていけばいいのです。

 

頭にはいろんな文章が思い浮かんでいるのに、編集を同時にするとその文章が消えてしまいます。

まずは書くことと編集することを分けることで、文章は驚くほどスムーズに書けるようになります。

 

いったん書き終わってから編集していけば、そんなに悪い文章にはなりません。

 

 

文章を書くのが遅い人は、まず書くのと編集作業を分けてみることが大切です。

 

文章を書くのが遅い人が知っておきたい文章を書くコツ

 

文章を書くときは話しかけるように書く

 

文章を書くのが苦手な人は、相手に話しかけるよう書くのが文章を書くコツです。

 

なんぜなら文章を書き慣れていないと、何をどうやって書いていいのかわからないですけど、

人と話をすることは日常的にやっているからです。

 

 

目の前の相手に対して話しかけるように、文章を書いていくとスムーズに文章を書くことができるようになります。

目の前の相手に語り書けるように、話したい言葉を文章にしていくのがコツです。

<スポンサードリンク>

 

 

たとえば子供の頃に学校であった出来事を親に話していた人も多いと思います。

親に学校の出来事を話す言葉を、そのまま文章にしていけばいいだけです。

 

 

親に学校での出来事を話すような感覚で、語りかけるように文章を書いていきます。

聞き手にわかりやすく話す内容を、書き言葉に変えていけばいいだけです。

 

 

文章を書くのが遅い人は、間違いのない正しい文章を書こうとする傾向があります。

 

正しい文章よりも、何気ない会話で語りかけるよな文章で十分読み手に伝わります。

 

 

話し言葉は多少間違えていたとしても、相手にはちゃんと伝わります。

 

 

まずは話しかけるように書いてみると、文章を書くのが遅くなったり苦手意識はなくなります。

 

伝えたいメッセージを一つに絞る

 

文章を書くのが遅い人は、まず伝えたいメッセージを一つに絞ることです。

 

なぜなら文章を通して何を伝えたいのか、メッセージが決まっていないと文章が書けないからです。

 

たくさん伝えようと思って結局何が言いたいのかわからなくなるよりは、伝えたいことを一つに絞った方が読み手に伝わります。

 

 

自分が書こうと思った文章で伝えたいことは、ズバリ〇〇です。

というように〇〇をまず言語化してみます。

 

 

文章を通して伝えたいことが決まれば、あとは伝えたいことに肉付けしていくだけの作業です。

まずは自分が最も伝えたいことを決めてから、文章を書き始めるのがコツです。

 

 

文章を書くのが遅い人は、まず書くまえに何を伝えたいのかを言語化するのがコツです。

何を伝えようかと考えながら書いていると、たいてい失敗してしまいます。

 

 

まずは伝えたいことを一つに絞ってみることが文章を書くコツです。

 

 

文章を書くのが遅い人は、本で文章の書き方を学ぶのもひとつの方法です。

僕が参考にしている文章の本は『20歳の自分に受けさせたい文章講義』です。

 

 

 

文章の型が身につくので、文章の型通りに書けば早く文章が書けるのでおすすめの一冊です。

 

created by Rinker
星海社
¥924 (2024/03/02 01:49:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

いかがでしたか?

文章を書くのが遅くて困っている人のために、スラスラ文章を書くコツをご紹介しました。

しっかり実践していただければ、文章を書くのが遅くて悩むことがなくなるのでぜひ実践してみてください。

 

  • 書く作業と編集作業は分けることで、文章を書くのは早くなる
  • 話しかけるように書くのがことが文章をうまく書くコツ
  • 伝えたいメッセージを一つ言語化しておくのが文章を書くコツ
<スポンサードリンク>

-ブログ