ブックレビュー

人に読んでもらえる文章が書けないときに読んでおくべき『人を操る禁断の文章術』

<スポンサードリンク>
どうしても人に読んでもらえる文章が書けない。いったいどうしたら人に読んでもらえる文章が書けるようになるの?

 

この記事ではこうした疑問にお答えします。

 

この記事では、人に読んでもらえる文章を書くために知っておくべきコツをご紹介しています。

 

僕はもともと文章が苦手で、文章を書こうと思っても言葉が出てこなくていつも苦労していました。

 

どうにかして文章を書けない状態から脱却したいと思っていたときに、一冊の本に出会ってから文章への苦手意識がなくなりました。

 

それはメンタリストのDaiGoさんが書いた『人を操る禁断の文章術』という本ですが、人に読んでもらえる文章術がわかりやすく書かれています。

 

この記事では『人を操る禁断の文章術』を引用しながら、文章を書くのが苦手な人でも人に読んでもらえる文章を書くための方法をご紹介します。

 

この記事を読めば人に刺さる文章を書くときに知っておくべきコツが手に入るので、ぜひ最後まで読んでみてください。

人に読んでもらえる文章を書く方法:伝えたいことを一つに絞る

人に読んでもらえる文章が書けないのは、自分が何を伝えたいのか決まっていないことが原因です。

 

つまり自分が書きたいことをたくさん書いて、読み手が「結局何が言いたいの?」となる文章は刺さりません。

 

伝えたいことを盛り込みすぎると、読み手は消化不慮になって何も心には残りません。

 

伝えたいことを一つに絞り込むことで、相手に自分が届けたいメッセージを届けることができるようになります。

 

たとえば服を買いに行ったときに、店員からたくさん服を勧められて何も決めれずに帰ることがあります。

 

選択肢をたくさん持ってこられると、結局どれがいいのかわからずに買うという行為をすることができません。

 

アパレルの店員はたくさんの服を提案し過ぎた結果、お客さんが迷って買えなくなってしまいます。

 

最初から売りたい商品を絞って勧めるほうが、お客さんは迷うことなく服を買うことができます。

 

文章もこれと同じようなもので、いろいろ詰め込みすぎると結局誰にも読んでもらえない文章になってしまいます。

 

人に読んでもらえる文章を書けない原因の一つは、いろいろ詰め込みすぎることです。

 

自分が伝えたいことを1つに絞って文章を書くと、人に読んでもらえる文章が書けるようになります。

 

 

人に読んでもらえる文章を書く方法2:上手な文章を書こうとしない

<スポンサードリンク>

 

上手で完璧な文章を書こうとすると、結果的に人に読んでもらえる文章が書けなくなってしまいます。

 

上手で完璧な文章からは、書き手の人間味が感じられないからです。

 

特に文章が苦手なうちは、上手く書こうとして間違いない文章だとつまらない文章を書いてしまいます。

 

たとえば次の2つの文章を比べたときに、どちらがおすすめ本を読みたくなるでしょうか?

 

この本を読めばこれまで苦手だった文章を克服することができます。ビジネスメールから、SNS、ブログまでどんなジャンルにも応用可能。これまでどんな文章術の本を読んでも文章が書けなかったのが、この一冊を読めば人に読んでもらえる文章が書けるようになります。

 

書くのが嫌いで絵文字ばっか使ってた僕でも、スラスラ文章書けるようになった魔法の文章術

 

おそらく多くの人は、後者の文章に惹かれるのではないでしょうか?

 

人は論理ではなく、感情で動く生き物です。

 

論理的に正しい文章でも、何となく好きになれないと思われれば刺さりません。

 

人は理屈では正しくとも、まずは好きか嫌いかで判断します。

 

人に読んでもらえる文章が書けないのは、完璧できれいな文章を書こうとしていることが原因です。

 

完璧で日の打ちどころのない文章を書かずとも、書き手の体温を感じることができる文章であれば、刺さる文章になります。

 

 

 

人に読んでもらえる文章を書く方法3:自分が書きたいことを書かない

 

自分が書きたいことを書いていると、いつまで立っても刺さる文章を書くことができません。

 

なぜなら刺さる言葉は自分の中ではなく、相手の中にあるからです。

 

人に刺さる文章が書けないのは、たいてい読み手を想像せずに文章を書いていることが多いです。

 

文章は自分が書きたいことを書くのではなく、相手が求めていることを中心に書いていきます。

 

たとえば人と話をしているときでも、一方的にこちらが話したいことを話す人は嫌われてしまいます。

 

相手が知りたがっていたり、興味を持っていることを感じ取って話すことができる人が話し上手といえます。

 

文章もそれと同じで、自分が書きたいことをいくら書いても人に刺さる文章は書けません。

 

人に刺さる文章が書けないのは、自分が書きたいことだけを書いているのが原因です。

 

読んでいる人のことを想像して、相手が読みたい内容や言葉を選んで文章を書くと刺さる文章が書けるようになります。

 

created by Rinker
¥1,386 (2023/10/02 05:47:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

まとめ

 

『人を操る禁断の文章術』は、人に読んでもらえる文章を書くためには必読の一冊

文章はあれこれ書こうとせずに、伝えたいことを一つに絞る

上手に洗練された文章を書こうとせずに、下手でも体温を感じる文章を書く

自分が書きたいことを書こうとしない

 

<スポンサードリンク>

-ブックレビュー

Copyright© ファイナンシャルフリーダム , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.